新年の句

2016年01月25日

2016年新年の句(初詣)

kyonoku


安倍首相は122日に施政方針演説を行い、安倍のミクスの恩恵(果実)を低所得者層へ分配すると発表した。これを野党は参院選を意識したカネのバラマキと出張する。首相は「強い経済と成長の果実なくして分配を続けることはできない」と胸を張る。
今年に入ってアベ政権は「成長と分配」をベースとした「1億総活躍社会」への実現に向け舵を取り始めた。アベ政権に批判的な低所得者層に対し、①最低賃金として時給1,000円を目指す ②ひとり親家庭への児童扶養手当の拡充 ③若者の新婚生活への経済的支援 等各種の生活支援を行うと言う。
だが、安倍首相の真の狙いは“憲法改変”である。「批判に明け暮れ、対策を示さない態度は無責任だ」と野党を挑発し、安保関連法が「世界から支援され、高く評価されている。戦争法案という批判は根拠のないレッテル貼りだ」と強く反論した。そして安倍首相はこうも言う。「国民の為に命を捧げてもよい」と。もはや“神”のような存在である。
だが、国民の積み立てた多額な年金を株式取引に投資し儲けたお金を株の恩恵を得ていない低所得者層に『禁断の果実』として分け与え、来る参院選に絶対勝利しようとする行為は選挙違反であり、国民の人権を踏みにじる憲法違反でもある。

      一億の民を救済初詣  (無頓着)




 



mutonchaku at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月08日

新年の句(初国会)

冬の句2011-02

ミイラ取りがミイラとなってしまった菅さんは、今”さなぎ”状態にあります。貴方は今すぐ、貴方に課せられた以下の3つの脱皮を実行しなければなりません。さもなくば国民が最大不幸となってしまいます。『菅さんに課せられた3つの脱皮』とは 1.仮免から本免への脱皮 2.官僚主導から政治主導への脱皮 3.最小不幸から最大幸福への脱皮。貴方はもし、これらの脱皮が一つでも不可能と思ったら、貴方は今すぐに総理大臣を退き”四国88箇所巡礼”を”満願成就”すべきです。

      ミイラ取りミイラとなりし初国会 (無頓着)



mutonchaku at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月28日

新年の句(年賀状)

冬の句2011-01

新年を迎え心新たに年賀状に目を通す季節がまたやってきた。毎年のことであるが、この初仕事は自分の人生の歴史を振り返る一時でもある。今年も穏やかに余生を送ることができるのは、この年賀状の送り主の御陰である。だが、年賀状の元旦回収率が年々低下するのは年の功で仕方ないのであろうか?

          青春の一時捲る賀状かな (無頓着)


mutonchaku at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月03日

2月3日(雪不足)

一句20100203

バンクーバー冬季五輪開幕まであと10日。各競技会場では準備が最終段階を迎えている。ところがモーグルとスノーボードの会場は北部のサイプレスマウンテンで雪が降らず雪不足が続いている。五輪組織委員は周辺から雪を運び込み何とかコースを作ったものの周りは山肌が露出した状態だ。特にゴール付近は雪が解けやすく、干し草のブロックを大量に敷き詰め、その上に雪をかぶせ解けにくくしている。選手達が練習を始める5日前までには何とか間に合わせるという。

     雪不足藁にも縋る五輪かな (無頓着)


mutonchaku at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月02日

2月2日(春隣)

一句20100202

玄関で妻を迎えるようになって、この2月末で1年となる。この俳句ブログを始めたのも同じ頃だ。訳あって理由は言えないが早く元の生活に戻りたいものだ。だが、この不況下では簡単ではない。さて、妻が家に帰ると必ず文句をいう事柄がある。それは①門柱灯がついてない②玄関灯がついてない③トイレの便器が冷たい④風呂が沸いてない⑤洗濯物が取り込んでない等である。いずれも経費節減と温暖化対策でやっていることだ。もうすぐ春だというのに、これでは気分は晴れそうもない。

     玄関で妻を迎えて春隣 (無頓着)


mutonchaku at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)