冬の句

2013年12月06日

アベノワックスの句 (除夜の鐘)

一句201312


安倍首相は『秘密保護法案』なるものを6日の参院本会議で強行可決し、成立させるつもりだが、議論は未だつくされてないし、矛盾だらけだ。具体的条文を一つ一つ列挙して、じっくり検討すべきだ。安倍さんは専門家の情報保全諮問会議や官僚の保全監視委員会でチェックするというが、これらは原発事故で何の効力もない事は明白だ。何故そんなに急ぐのか?何か都合の悪い事があるのか?と勘繰りたくなる。

      国民にアベノワックス除夜の鐘 (無頓着)



mutonchaku at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月07日

冬の句12-01(師走)

冬の句2010-12

我が家の犬の「クー」ちゃんは、毎日元気に病院へ通っている。病院での彼の仕事は来院患者の応対と入院患者のご機嫌取りである。彼は週に一度休みをとる。休みの日の彼のご機嫌取りは私の仕事である。彼は病院のスタッフとして2年間一日も休まず仕事をした。その努力が認められ、この度「犬の店長」に昇進した。「クー」が店長となって最初の師走がやって来た。彼は今日も受付で、「招き猫」のように患者さんを出迎える。

         店長が招き猫する師走かな (無頓着)



mutonchaku at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月31日

12月31日(除夜の鐘)

一句20091231


内閣は「輝きのある日本へ」と題した経済成長の基本方針を発表した。従来の公共事業や市場原理から脱却し、生活者の「需要創造」を重視する「第三の道」を目指す。2020年度目標は①100兆円超の需要②470万人超の雇用創出③650兆円の国内総生産(GDP)である。毎年のGDP成長率は名目で3%、物価上昇減後の実質で2%を見込む。「供給側に偏った発想を改め人間の為の需要を創出する」と首相は強調した。成長の牽引は①環境・エネルギー②健康(医療・介護)③アジア④観光・地域活性化である。高い目標もよいが具体策がない為迫力不足だ。

     明朝は肉食獣に除夜の鐘 (無頓着)



mutonchaku at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月30日

12月30日(お身ぬぐい)

一句20091230


昨日、奈良西の京の薬師寺では年末恒例の「お身ぬぐい」があった。新春を前に本尊の薬師三尊像(国宝)などが丁寧に拭き清められた。寺ではこの日の朝、正月用の餅をついた。そのとき沸かした湯で「浄布」と呼ぶ白い布を湿らせておく。正午より金堂では10人の僧が仏像の魂を抜く法要を営み、その後若手の僧や学生ボランティアらがその布を使って仏像の隅々まで汚れを拭き取った。訪れた参拝者は黒光りした本尊に手を合わせていた。迎春の準備は大晦日まで続く。

     「お身ぬぐい」奈良の仏の黒光り (無頓着)

続きを読む

mutonchaku at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月29日

12月29日(数へ日)

一句20091229

大阪浪速区の通天閣で昨日恒例の「干支の引継ぎ式」があった。今年の「丑」と来年の「寅」(子供同士)が対面した。牛を率いた天王寺動物園長より「世界的金融危機や新型インフルエンザ流行で日本経済の足を引っ張り、モーしわけありません」と申し述べた。続いてトラを引いた通天閣観光社長が「こんな不況大概にして、日本経済再生にトライし福を捕らえます」と応じた。また、この日に”お笑いの文化遺産”である”上方演芸資料館「ワッハ上方」”の現地存続もきまり、関係者はほっと安堵した。

     数へ日の干支引継ややれ安堵 (無頓着)



mutonchaku at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)