2018年新年の句(初国会)2018年春の句(春嵐)

2018年03月15日

2018年春の句(啓蟄)

一句20180315


啓蟄(けいちつ)は冬ごもりをしていた虫が地上に這い出てくることを言い、俳句では春の季語となっている。

森友問題が1年間の永い眠りからやっと目覚めつつある。近畿財務局の決裁文書改ざんを財務省がついに認めたからである。それによると何と78ページ中62ページが改ざんされていた。その中には安倍昭恵夫人の名前もあった。

野党は早速、同省の前理財局長であった佐川宣寿氏と安倍昭恵夫人の証人喚問を要求している。森友問題の真相解明には次の4人のキーマンの証人喚問が必須条件である。それは、籠池泰典氏、安倍昭恵氏、谷査恵子氏、佐川宣寿氏である。

安倍首相の闇の国家プロジェクトであった加計学園と森友学園だが、いずれも安倍夫妻の脇の甘さから、国家予算を悪用される結果となった。

    啓蟄や蓋の開かない安倍夫妻 (無頓着)




mutonchaku at 17:22│Comments(0) 春の句 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年新年の句(初国会)2018年春の句(春嵐)