2016年01月25日

2016年新年の句(初詣)

kyonoku


安倍首相は122日に施政方針演説を行い、安倍のミクスの恩恵(果実)を低所得者層へ分配すると発表した。これを野党は参院選を意識したカネのバラマキと出張する。首相は「強い経済と成長の果実なくして分配を続けることはできない」と胸を張る。
今年に入ってアベ政権は「成長と分配」をベースとした「1億総活躍社会」への実現に向け舵を取り始めた。アベ政権に批判的な低所得者層に対し、①最低賃金として時給1,000円を目指す ②ひとり親家庭への児童扶養手当の拡充 ③若者の新婚生活への経済的支援 等各種の生活支援を行うと言う。
だが、安倍首相の真の狙いは“憲法改変”である。「批判に明け暮れ、対策を示さない態度は無責任だ」と野党を挑発し、安保関連法が「世界から支援され、高く評価されている。戦争法案という批判は根拠のないレッテル貼りだ」と強く反論した。そして安倍首相はこうも言う。「国民の為に命を捧げてもよい」と。もはや“神”のような存在である。
だが、国民の積み立てた多額な年金を株式取引に投資し儲けたお金を株の恩恵を得ていない低所得者層に『禁断の果実』として分け与え、来る参院選に絶対勝利しようとする行為は選挙違反であり、国民の人権を踏みにじる憲法違反でもある。

      一億の民を救済初詣  (無頓着)




 



mutonchaku at 19:12│Comments(0)TrackBack(0)新年の句 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字