2015年08月15日

2015年夏の句(終戦日)

一句20150815


戦後70年を迎えた終戦日の8月15日に、安倍晋三首相は談話を発表した。約3300字(戦後50年の村山談話の約3倍)もの長文を一字一句間違いなく述べたのは立派であった。だが、そこから感動や情熱が伝わってこなかったのは何故だろうか? どんなに立派な言葉を並べ立てても人の心に訴えることができなければ何にもならない。そのことは一つ一つの日常の行動に裏打ちされている。
先の大戦における”我が国の侵略と植民地支配を痛切に反省し心からおわびする”のであればA級戦犯者を合祀する”靖国神社参拝”はもうやめなさい。また、戦争につながる軍備拡張を前提とした”積極的平和主義”は有り得ない。貴方が平和主義者を唱えるなら、あくまでも話し合いによる外交政策に徹して下さい。国民は貴方の背中を見ています。


       名言よりまず実行の終戦日 (無頓着)



mutonchaku at 17:40│Comments(0)TrackBack(0)夏の句 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字