2009年05月

2009年05月31日

5月31日の一句

e86b985c.jpg


滋賀県彦根市にある「まっくらカフェ」ではろうそくの明かりの中で目隠しをしたまま食事をする変ったカフェがある。暗闇の中では味覚や触覚などが研ぎ澄まされ食材本来の味がゆっくり味わえるという。彦根市のNPO法人「五環生活」が2007年より始めたお店で、ほとんど味付けしていない地元産の食材7~8品を1品づつ味わう。普段では感じない食材の持つ食感や甘味を感じるというから驚きだ。

暗闇や味を引き出す夏の膳 (無頓着)



at 12:35|PermalinkComments(0)初夏の句 

2009年05月30日

5月30日の一句

c561baaa.jpg


今日は私の誕生日だ。誕生日の花は「二人静」だ。第二の人生は「夫婦仲良くいつまでも一緒に静かに暮らしたい」と思っていたが実態は程遠い。趣味の全く異なる二人は別行動となる。新たな共通の趣味を見つけようとするが長続きしない。一度離れて別々に変形した細胞は全く異種の細胞となる。まるで新型インフルエンザのようだ。今までのワクチンでは役に立たない。裏山では”ほととぎす”がけたたましく鳴いている。托卵をする鳥と聞くが、子育てもせず老後は二人静に暮らしているのであろうか? 

ほととぎす二人静の暮らしかな (無頓着)



at 11:40|PermalinkComments(0)初夏の句 

2009年05月29日

5月29日の一句

201399c8.jpg


昨日酒に酔った高校生が駅のホームから転落し、奇跡的に助かったとの報道が午後のTVであった。30cm程の枕木と列車との間に意識不明のまま横たわっていた為、かすり傷一つなく救出された。だが高校生は急性アルコール中毒の為そのまま病院へ搬送された。アルコールといえば1ヵ月前に公然わいせつ容疑で逮捕された草彅さん。不起訴処分で釈放され昨日「SMAPxSMAP」のTV収録に芸能活動を再開した。世の中が悪いのか?それとも酒を飲む人間が悪いのか?議論はつきない。

冷し酒夢の世界の出入口 (無頓着)



at 12:06|PermalinkComments(0)初夏の句 

2009年05月28日

5月28日の一句

f43b85c0.jpg


若者だけに聞こえる「モスキート音」と呼ばれる高周波音を発信する「若者たむろ防止装置」が東京足立区の公園に設置されて話題を呼んでいる。モスキート音と呼ばれる蚊の羽音のような不快な音を断続的に流すことで若者を撃退するもので若者による騒音や器物破壊の被害が激しい公園や団地に設置する。この防犯装置だが欧米では既に学校やショッピングセンターや集合住宅に約1万台売れている。またこの音は若者だけに聞こえるため「若者専用の着信音」として携帯電話にも利用されている。

蚊の羽音若年層を狙い撃ち (無頓着)



at 09:47|PermalinkComments(0)初夏の句 

2009年05月27日

5月27日の一句

4c07a932.jpg


山葵(わさび)といえば静岡と長野である。北アルプスの湧き水で2年間かけて育てた安曇野のわさびは巨大で味わい深い。わさびはすり方によって味わいが異なるというが茎の方からきめの細かい下ろし板(鮫皮か陶器のもの)でするのがよいそうだ。わさびの持つ”辛み”と”成分”と”風味”をより一層引き出すという。私は”おろしそば”や”お茶づけ”でわさびを食するのが好きだ。鼻につんとくるわさびの刺激が何ともたまらない魅力である。

安曇野の巨大山葵やおろしそば (無頓着)



at 10:46|PermalinkComments(0)初夏の句